So-net無料ブログ作成
a.jpg

Amazon Fashion 靴ブラシ特集 [PR]

レデッカー.jpg
磨かずとも靴を育てる、上質ブラシ。

靴のメンテナンスの基本はブラッシング。

クリームやワックスなどにこだわる前に、

履き終わったらマメにブラッシングもしくは乾拭き。

これを繰り返しておきさえすれば、革のナチュラルなエイジングが楽しめる。

ワタクシはそう信じてますし、常に実践しています。

そのためには上質なブラシを使うことが前提条件。

ということで今回は、Amazonで直売しているブラシをご紹介します。

是非ご覧ください。

熊野筆.jpg
BootBlack(ブートブラック) 熊野筆 FINISHING BRUSH
広島県安芸郡熊野町で製造される熊野筆と同じ製法で作られた、全く新しい靴用仕上げブラシ。鏡面磨きの仕上げや日常のホコリ落としに最適。

グローブ.jpg
LA CORDONNERIE ANGLAISE(コルドヌリ アングレーズ) グローブラスター
主に乾拭き専用のグローブ。手早く磨くことで摩擦熱が作用し艶を引き出します。

江戸屋.jpg
BootBlack(ブートブラック) 江戸屋ブラシ 馬毛 
江戸刷毛の専門店「江戸屋」製造による靴用馬毛ブラシ。毛足が短くコシが強いので、ブラッシングが軽く行えます。

レデッカー.jpg
Redecker(レデッカー) シューズブラシ 380 
フカフカで柔らかい山羊毛なので、革を傷つける心配がありません。また発熱もしにくく革の変色に対しても安心。

※Amazon直売の「靴ブラシ」一覧はこちら。

【ブツ欲NEWS&TOPICS】
【入荷情報】M愛用。リュックの新境地を開いた「双鞣和地 バックパック」入荷(万双)(万双)
【2月買取キャンペーン】ニューバランスなどのスニーカーも査定額15%UP(ADDICT)

KJAD10.png


2019-02-10 00:00 
共通テーマ:ファッション

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]