So-net無料ブログ作成
a.jpg

RedCarpet(レッドカーペット) [SHOPリポート]

main.JPG
あえて都内屈指の高級住宅街に出店した、会員制リペアサロン。

松濤と言えば泣く子も黙る渋谷の超高級住宅街。

渋谷駅前の喧騒からは想像もつかない静かなエリアに整然と豪邸が建ち並び、

住まわれているのはリッチであるばかりでなく、厳しい審美眼を持ち、

嗜好品についても一家言ある方ばかりなのは想像に難くありません。

そんな場所に今年の8月8日、あえて1号店を出店したのが、

靴やバッグの修理やクリーニングを手がける会員制のリペアサロン、

RedCarpet(レッドカーペット)』です。

「ここでお客様からの信頼を得ることができれば、今後どこに出て行っても勝負が出来る。

まずは厳しい目をお持ちのお客様が多くいらっしゃる場所に根ざし、

最高のサービスを提供できるお店にしたいと考え、この場所に出店しました」。

そう語るのは代表取締役社長の藏重優美氏。

ご覧の通り若くチャーミングな女性ですが、情熱と行動力の人でもあります。

「以前は靴とは無縁の業界でOLをしていましたが、

偶然に読んだ雑誌で靴磨きの世界に触れて興味を持ち、

会社を辞めるにあたって思いきって事業化してみようと。

もちろん経験もコネクションもありませんでしたので、

近くの靴修理屋さんに“無給でいいので教えて欲しい”とお願いしに行きました。

そこで一通りのことを学んだ後に路上や出張靴磨きなどで経験を積みました」。

お店をオープンするにあたり目指したのが、“女性が入りやすいお店”。

「修行中に多くの人と出会う中でわかったのが、

靴やバッグなどの革のメンテナンスに関心があるものの

どうしていいかわからない、という女性が多いということ。

女性や入りやすい店構えで、靴やバッグのメンテナンスなどに親しんでもらいたいと」。

DSC08149.JPGDSC08165.JPGDSC08183.JPGDSC08208.JPGDSC08214.JPGDSC08213.JPGDSC08211.JPGDSC08223.JPG

松濤美術館近くの瀟洒な建物1階にオープンした1号店は、

ドアを開けると店名通り赤いカーペットが敷かれ、

さらに店内にはアロマが焚かれ、

デザイナーズチェアが置かれるなど、まるでネイルサロンのような雰囲気。

「敢えて会員制にすることによって、

お客様とじっくりと永続的なコミュニケーションが取れるようにしました。

カルテを作ることによって今までどのような依頼があったのかを把握でき、

その履き心地や状態をお聞きすることが出来るので、

一人ひとりのお客様に寄り添ったサービスをご提供できるようにしています。

また会員様には毎回3%OFF、誕生日月には10%OFF、

さらにポイント制度といった優遇をしております。

現在のところお客様の構成は男女比で4:6となっていますが、

靴やバッグなど普段お目にかかれないような、

素晴らしい逸品のメンテナンスやリペアのお手伝いをさせていただいています」。

DSC08193.JPG

現在は、藏重氏自身がリクルートした職人の尾石拓也氏との二人体制で店舗を運営、

いずれは店舗を拡大するつもりですが、その理由が泣かせる。

「世の中には、意欲と技量があるのにそれを発揮できる職場環境が少ないために、

仕事を続けることを諦めてしまう職人さんが沢山います。

私はそのような職人さんたちを守り、育てていける環境を作っていきたいのです」。

まるで少女のようにキラキラした目でそう語る藏重氏を見て、

遠方からわざわざ来店されるお客さんがいらっしゃる理由が、わかった気がしました。

DSC08161.JPG
RedCarpet(レッドカーペット)
住所:東京都渋谷区神泉町17番15号
TEL:03-6416-1591
営業時間:10:00~19:00(13:00~14:00休憩)
定休日:月曜日・火曜日
URLhttp://redcarpet-repair.com

【ブツ欲NEWS&TOPICS】
・これぞJAPAN VALUE!世界に誇るクオリティの「ブライドル 三つマチダレス」(万双)
【11月買取キャンペーン】ハイブランドやバッグ&シューズは査定額15%UP(ADDICT)
・これぞレトロスニーカーの決定版。ナイロン×レザーの「PANTHER」入荷!(リファーレ)


2018-11-26 12:00 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]