So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
a.jpg

Mの「二次流通」考 [つぶやき]

IMG_2394.JPG
「二次流通は景気に左右されない」という話。

二次流通というとフリマやオークションなど、

個人間での売り買いを思い浮かべる人が多いと思いますが。

実は市場を支えているのは企業間取引なんですよね。

メーカーやショップ、インポーターなどが取り扱い商品の在庫を処分するために

リユースショップなどに買い取ってもらい、それが格安価格で流通しているわけです。

ワタクシがよく購入している

“新品なのに定価の半分以下の金額で買える”品は、

ほとんどがこの企業間取引によるもの。

最近はワタクシのような下衆系ブツ欲馬鹿だけでなく、

一般の消費者にもこの手の商品の認知が進んでいるようで、

市場の勢いはますます増すばかり。

と大注目の二次流通の企業間取引ですが、

先日とある関係者から聞いて「なるほど!」と思ったのが

「二次流通の企業間取引は景気に左右されない」ということ。

通常、景気が悪くなれば需要の悪化により供給数が絞られたり、

逆に景気が良くなれば需要増大により供給数は増える。

景気によって商品の供給数が大きく変動するわけですが、

二次流通はほとんど影響を受けないと。

不景気だと売れ残りが増え供給側は多くの在庫を抱えることになり、

好景気になると機会損失を防ぐための製造過多により、

これまた供給側は余剰在庫を抱えることになる。

つまり景気が良くなろうが悪かろうが、

供給側は二次流通に商品を流さざるを得ない、と。

つまり消費者から見ると、景気に関係なく格安商品が数多く出回るわけです。

こんな話を聞いちゃうと、ますます二次流通に期待しちゃいますな。

【ブツ欲NEWS&TOPICS】
【7月買取キャンペーン】指定ブランドやバッグ&シューズは査定額15%UP(ADDICT)
・透き通った光沢グレーリザード『F.LLI Giacometti』タッセルローファー(リファーレ)

・名品『ブライドル シングル天ファスナー』が久しぶりに全カラー揃いました(万双)
・Mも入手したレザースリッポン、岩田屋三越本館5階で発売中(BRUSQUE HOUSE)

OMOI2.jpg


2018-07-13 12:00 
共通テーマ:ファッション

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]