So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
a.jpg

ZODIAC [SHOPリポート]

main.JPG
ここでしか出会えないアイテムがある。だから全国から足を運ぶ。

名古屋にお住まいの方を、これほど羨ましいと思ったことはありません(少し大袈裟。

Amazonや楽天を通じて、以前から存じ上げていた名古屋のセレクトショップ『ZODIAC』。

ワタクシも愛するボナフェがとんでもないラインナップで

「一体どんなショップなんだ」と注目していましたが、

このたび縁あって取材させていただくことが出来ました。

shop1.JPG
栄から少し離れた場所にひっそりと佇む瀟洒な3階建ての1階がショップ

shop2.JPG
重量感のあるアンティークの扉を開けると、小さな空間にこだわりのセレクトが

最初に取材を終えての感想を言わせてもらうと「帰りたくない」(笑)。

もうね、それくらい圧倒されました。

取り扱いブランド(一覧はこちら)の充実ぶりもさることながら、

感動したのは、その多くが別注品やコラボ企画などのスペシャルオーダーであること。

つまり“ここでしか買えない逸品”が詰まった、宝の山のようなショップでした。

なもんだから取材中に思わず「東京に進出しないんですか?」と何度も聞いちゃいましたもん。

と完全に冷静さを欠いた取材になってしまい、

今回はいつにもまして浮ついたリポートになることをお許しください。

b-1.JPGb-2.JPGb-3.JPGb-4.JPGb-5.JPGb-6.JPG
お店に着いてご挨拶もそこそこにワタクシが食いついたのが、やっぱり「ENZO BONAFE」。

No.4やバーボンといったレアカラーコードヴァンを贅沢に使用したものや、

坪内浩氏の協力のもとデザインしボナフェに製作を依頼した

トリプルネームのダブルモンクストラップシューズなど、

いずれも他では手に入らないものばかり。

ボナフェだけで取材時間のほとんどを使った気がします(笑)

w-1.JPGw-2.JPGw-3.JPG
こちらもワタクシが愛用しているお馴染み「WH」。

案の定、並みのラインナップじゃありません。

たとえばヒールを3mm高くし、コバ周りを3mm厚くした「干場氏スペシャルモデル」は、

インソールの左に干場氏の、右に坪内氏の直筆のサイン(!)が施された

ZODIACのみの限定アイテム。

発売と同時に全国から問い合わせが殺到したそうです。

p-1.JPGp-2.JPG
PATRICK」のCRUISE LINEは、

干場氏の船旅の経験を基に細部にまで徹底的にこだわって作られたコレクション。

アッパーに仏の名門タンナー「アノネイ」社の最高級ボカルーカーフを採用、

スニーカーでは珍しい張り出したコバと、

厚みのあるソールとのコンビネーションが細身のパンツに品良くフィット。

干場さんが履いている姿がリアルに思い浮かぶ一品です。

e-1.JPGe-2.JPG
アメリカンヴィンテージウェア好きなら胸熱なEast West。

70年代に伝説のレザーブランドと謳われた同ブランドから

正式にデザインやパターンを譲り受け、

さらにミシンナーまでも当時の職人を採用して現代に蘇らせた

LAのレザーブランド「South Paradiso Leather」のジャケット。

独創的なデザインもさることながら、

アメリカ製とは俄かに信じがたい丁寧な作り込み具合に驚きました。

js.JPG
ワタクシも約30年にわたって愛用している「JOHN SMEDLEY」は、

代理店直営店でも滅多にお目に書かれない

最高級ラインの証である“ゴールドタグシリーズ”のニットポロシャツをラインナップ。

最高品質のカシミアやシルクなどを贅沢に使用した、

ラグジュアリーを越えた着心地を堪能できます。

j-3.JPGj-1.JPGj-2.JPG
ZODIACが日本に知らしめたと言っても過言ではない「JULIAN BOOTS」。

アメリカでは絶滅危惧種扱いのオールハンドメイドのワークブーツも、

発売するたびに即完売必至。

leather.JPG
他にもこのBlogでお馴染みの「EMMETI」や「Cinquanta」、

ロンドン市内の専門工場でハンドメイドでこしらえらている「JAMES GROSE」のライダース等、

レザーウェアだけでも一見の価値アリなものばかり。


と、ここで紹介したのは“お宝”のほんの一部。

お近くにお住まいの方はもちろん、

出張や旅行で名古屋を訪れた際は是非顔を出してみてください。

「帰りたくない」というワタクシの気持ちを、きっと理解できると思います。


last.JPG
ZODIAC
住所:〒461-0001 愛知県名古屋市東区泉1丁目23-2
TEL:052-253-7718
営業時間:12時00分~20時00分
定休日:水曜日
※楽天オンラインショップはこちら
※最新アイテムの紹介やコーディネートはこちらでチェック(毎日更新)。

【ブツ欲NEWS&TOPICS】
・「Made in JAPAN」を代表する「ブライドル ブリーフケース(A4)」在庫アリ(万双)
【6月買取キャンペーン】サングラスやバッグ&シューズは査定額15%UP(ADDICT)
・伝説のスニーカーファクトリーの代表的一足が『Ludwig Reiter』から(リファーレ)
【必見】パティーヌワークショップの動画をWEBサイトにて公開(BRUSQUE HOUSE)


2018-06-05 12:00 
共通テーマ:ファッション

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]