So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
a.jpg

BootBlack(ブートブラック) シューズブラシ 江戸屋ブラシ 白馬毛 [PR]

819iZDOEB-L._UL1500_.jpg
これ一本あれば靴ケアの最初から最後までこなせる、という万能ブラシ。

靴のケア用品で一番こだわるべきなのはブラシだと思うんですよ。

なぜなら日々の靴のケアは、

ブラッシングと乾拭き(あるいは水拭き)でほとんど事足りるから。

以前こちらの記事で書いたように、クリームを塗布するのは2~3ヶ月に1回で十分。

そのかわり履き終わった後に必ずブラッシングしたり乾拭きします。

ピカピカに光らせるメイクアップはまた別ですが、

コードヴァンだろうがカーフだろうがケアとしてはこれだけで全く問題ありません。

だからこそ毎日使うブラシはちゃんとしたものを持っていた方がいい。

ということで今回はワタクシも愛用している、

享保三年創業という超老舗「江戸屋」の白馬毛ブラシをご紹介します。


一般的には本格的な靴磨きには汚れやホコリ落とし用の馬毛ブラシと、

クリーム伸ばし用の豚毛ブラシの2本が必要と言われますが、

こちらは「一本で済ませたい」というワタクシのような不精な人にドンピシャ。

白馬毛は馬毛の毛先の柔らかさと豚毛のコシの強さを兼ね備えているので、

一本あれば靴ケアの最初から最後までこなすことができる。

超高級カーフやコードヴァンといったデリケートな革の場合、

豚毛ブラシでクリームを伸ばすと傷がついてしまうこともありますが、

こちらはソフトなアタリと適度なコシを兼ね備える尾毛を使っているので、

その心配も不要。

さらに職人さんが一本一本手植えしている上に、

最後のニス塗りまで全部を手作業で仕上げているだけに耐久性も抜群。

一般的な使い方であれば、おそらく十年はもつのではないかと。

写真は「江戸屋」さんがBootBlackとコラボして作った一本。

Amazonで買えますが生産数が限られるブラシだけに、

もしまだお持ちでないなら手に入るうちに購入することをおススメします。

※その他Amazon直売の靴ブラシはこちらでご確認ください。


※「会員限定商品・セール」も楽しめる『Amazonプライム』無料体験の登録はこちらから。

【ブツ欲NEWS&TOPICS】
・ジーンズ前ポケットにもスッポリ収まるブライドル「ミニ財布」、約1万円で(万双)
【5月買取キャンペーン】対象ブランドとバッグ&シューズは査定額15%UP(ADDICT)
【M購入】イルチア社最高級カーフ使用『Enzo Bonafe』シングルモンク(リファーレ)

・パティーヌ・ワークショップ@Safari恵比寿店、6/2、6/3開催!(BRUSQUE HOUSE)

OMOI2.jpg


2018-05-12 00:00 
共通テーマ:ファッション

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]