So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
a.jpg

Enzo Bonafe(エンツォボナフェ)  コードヴァン ストレートチップ(3092) [Amazonコラボ靴(2018S/S)]

DSC09907.JPG
他では買えないボナフェのコードヴァン靴がAmazonに入荷。

待ちにまった一足がAmazonに入荷しました。

以前こちらの記事でご紹介した、

Amazonコラボ企画のEnzo Bonafe(エンツォ ボナフェ)。 

まず間違いなく、今もこれからも他のSHOPでは購入できないであろう一足です。

DSC09905.JPGDSC09914.JPGDSC09913.JPGDSC09917.JPGDSC09918.JPGDSC09920.JPGDSC09923.JPG
アッパーには“みんな大好き”ホーウィン社のコードヴァンを使用し、

「ブラック」とウィスキーの後継色である「バーボン」の2色で展開。

ノルヴェジェーゼ(英名:ノルウィージャン)製法による

ソール周りのステッチワークは見ごたえ抜群で、

分厚いウエルトと相まって最近の靴では見かけないド迫力の一足に仕上がっています。

DSC09935.JPG
ラストは「50733」で、ふだんUSサイズ6.5~7、

UKサイズ6~6.5を履くワタクシにはサイズ25cm(5.5)でピッタリ。

(甲高幅広の足ならハーフサイズUPをした方がいいかもしれません)

また履き口がやや狭いので、

最初は脱ぎ履きに少し苦労するかも(試着の際は慎重にお願いします)。

あとこれはボナフェに限った話ではないですが、

ホーウィンの薄カラーコードヴァンを使っている場合、

色の濃淡差や染みなどが多少散見される場合があります。

コードヴァンのアイテムを買い慣れていない方や、神経質な方は事前にご了承ください。

(どうしても気になる場合は、リペアショップでカラー調整をしてくれます)

DSC00251.JPG
代理店のアーカイブ資料にたった一枚残されていたこの写真が当モデルのソース

ところでこの靴を「他では買えない」と断言する理由は2つあります。

一つ目は「新作および定番ラインナップには無いモデルだから」。

先の記事でも書かせていただきましたが、

こちらは代理店の資料棚の中に眠っていたアーカイブがソースになっています。

ほとんどのSHOPは、新作もしくは定番モデルの中から商品を選びオーダーするので、

これと同じモデルを発売しているSHOPは現時点では世界中を探してもAmazonだけ。

二つ目は「アクの強いデザインだから」。

これも先の記事で書きましたが、

この靴のコンセプトは90年代後半から2000年にかけて一世風靡した

「クラシコイタリアブーム」の頃の靴。

一部雑誌で“木彫りの熊系”と表現されるほど迫力たっぷりのスクエアトゥで、

おそらくワタクシと同年代の皆さんには懐かしい、若い世代には目新しいデザイン。

これだけ「売りにくい」靴を販売しようなんて他のSHOPではまず考えないでしょ。

ぶっちゃけAmazonさんも、よくこの企画を通してくれたなと思いましたもん(笑)。

そのAmazonさんですら恐らくリピートオーダーをすることはないと思うので、

コレを逃したら二度と買えないのはほぼ間違いなし。

定価は税込で20万円オーバーと決してお安くありませんが、

手に出来るのが世界中でもごくごく僅かな方のみであることを考えれば・・・。

皆さんもそのうちの一人になってみませんか?

※4月25日まで15%OFFクーポンが使用できます!


※「会員限定商品・セール」も楽しめる『Amazonプライム』無料体験の登録はこちらから。

【ブツ欲NEWS&TOPICS】
【超稀少】「Enzo Bonafe Coin loafer No4 cordovan」すでに在庫超僅少(リファーレ)
【名作】ファスナーバッグ「ブライドル シングル天ファスナー」今なら在庫アリ(万双)。
【4月買取キャンペーン】対象ブランドとバッグ&シューズは査定額15%UP(ADDICT)
・一流のパティーヌ技術による革小物が大手百貨店でデビュー(BRUSQUE HOUSE)


2018-04-12 12:00 
共通テーマ:ファッション

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]