So-net無料ブログ作成
a.jpg

本日のコーデ [リポート]

DSC02543.JPG
万双のダレスバッグをワタクシなりにコーデしたみた。

上野にある万双の店舗に遊びに行くたびに思うんですよ。

奥の棚の上に展示してるダレスバッグを見て「嗚呼、欲しいなあ」と。

ハッキリ言って予算的には全然問題ない。

今じゃ本場英国でも実現不可能と思われる本格的な作りながら、

堂々の税込みアンダー10万円。

すぐにでも買いたい価格設定です。

ただ一つどうしても障壁になるのが「果たして似合うのか」という点。

このバッグに釣り合いそうなクラシックなスタイルはおろか、

普通のスーツを着ることもほとんどない。

ふだんはジーンズにTシャツのようなカジュアルなコーデが圧倒的に多いだけに、

「せっかく買っても使わなくなるんじゃ・・・・」という危惧から買うのを躊躇ってたわけです。

しかしアレコレ悩んでいてもしょうがない。

実際に自分なりのコーデしてみようと展示用の三つマチダレスをお借りし、

自撮りしてみました。

DSC02563.JPGDSC02567.JPG
こちらが今回お借りした「ブライドル 三つマチダレス」(ブラック)。

厚みのある英国製の本物のブライドルレザーを惜し気も無く使い、

美しい曲線で構成した万双のアイコン的な逸品。

ビジネススタイルがどんどんカジュアル化しているのに反し、

今でもガンガン売れている奇跡のバッグです。

(なおこちらは展示用になり、販売している製品と一部仕様が異なります)

こちらを使ってトライしてみたコーデがこちら。

DSC02555.JPGDSC02523.JPGDSC02549.JPGDSC02559.JPG
コーデのポイントは、バッグ以外をモード方向に振り切ったこと。

中途半端にクラシック系要素を取り込もうとすると、コスプレ風味になってしまうので排除。

敢えてクラシックとは真逆のベクトルと合わせることで、バッグの可能性を探ってみたいと。

ジャケットは「KINDWARE(カインドウェア)」のタキシード(リポート記事はこちら)。

インにブラックTシャツ、パンツに「SIVIGLIA(シビリア)」のブラックデニムを。

そして足元には「Eytys(エイティーズ)」のスニーカー(購入記事はこちら)。

「ダレスバッグにTシャツやスニーカーなんて」と冷ややかな反応をする方もいると思いますが、

まあ四の五の言わず実際に写真を見てみてください。

どうです?

意外とバランスがいいと思いませんか?

というか全然問題ない。

(ジャケットを脱いでも全く違和感なし)

ダレスバッグの懐の深さに改めて感嘆しました。

今回のトライで「クラシックとモードはマッチする」という発見が出来たので、

これで購入に一歩前進です(笑)。

※『万双』の製品はすべてオンラインショップで購入可能です。

【ブツ欲NEWS&TOPICS】
・オー●デンに無いレアカラー「Enzo Bonafe CORDOVAN NAVY」再入荷(リファーレ)
「ブライドル IDケース」でオフィスでの首元にも美しい革アイテムを(万双)
(万双)
【6月買取キャンペーン】サングラスやバッグ&シューズは査定額15%UP(ADDICT)
・クラシコの名品をお手軽価格で「未使用品・未着用品」特集(リタリオリブロ)
【必見】パティーヌワークショップの動画をWEBサイトにて公開(BRUSQUE HOUSE)

OMOI2.jpg


2018-06-14 00:00 
共通テーマ:ファッション

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]