So-net無料ブログ作成
a.jpg

Amazon Fashion 2017秋冬新作シューズ [PR]

ウルヴァリン.jpg

秋冬新作の中から気になる靴をピックアップ(後編)

前編(こちら)に引き続き。

今年の秋冬新作の中から気になる靴をピックアップしてみました。

もちろんすべて今すぐ買える靴ばかりなので、

気になる一足があればすぐに行動を。

yuketen.jpg
[ユケテン] DANIEL'S WINGTIP SHOES AAN79
1910年代のドイツ製機械を使用したグッドイヤーウェルト製法で仕上げられた一足。
アッパーには“みんな大好き”ホーウィン社のシェルコードヴァンが贅沢に使用されています。
トゥ部分のメダリオンやウェルト部分のノッチも、一つ一つ全て手作業で施され、
ヒールを固定するために打ち付けられたペグには、
水分を含むと膨張する特性があるレモンの木から作られたウッドペグが採用されるなど、
靴作りの伝統と技術すべてが注がれた最高のベンチメイドシューズと言えます。

ウルヴァリン.jpg
[ウルヴァリン] 1000MILE SUEDE 1000MILE W40473
ご存じ「1000マイル(約1600キロ)歩いても壊れない」と言われる
堅牢な造りとしなやかな履き心地を実現した、
発売当初からワーカー達から厚い支持を得ているブーツコレクション。
こちらはアッパーにC.F.ステッド社のキャメルカラーのスウェードレザーを使用。
今年の秋冬はワークブーツもこんな一足をチョイスしたいです。

ハッシュパピー.jpg
[ハッシュパピー] カジュアル、ウォーキング、4E M-5047N
言わずと知れた、1958年設立のアメリカンカジュアルの代名詞的ブランドの一足。
こちらはオイルスムースレザーを使用した上質でマットな素材感が特徴で、
さらにステッチダウン製法で表革と中底を一緒に縫ってあるために屈曲性が高く、
またクッション性や“掴み効果”の高いカップインソールを採用するなど履き心地を追及。
ビブラムソールを使用しているのでガシガシ歩くにはもってこい、です。

ユニオンインペリアル.jpg
[ユニオンインペリアル] 5アイレットオックスフォードキャップトゥ 01U3001
日本を代表するファクトリーブランドの一足。
日本人の足を研究し独自のノウハウを蓄積した木型を使用し、
昔ながらの手作業により、アッパー、中底、ウエルトを縫い付ける
ハンドソーンウェルテッド製法を採用。
またアッパーには仏デュプイ社の革を使用しながら、
4万円台というリーズナブルなプライスが魅力です。

※『Amazon Fashion 2017秋冬新作シューズ』はこちらで確認できます。

【ブツ欲NEWS&TOPICS】
TEL2.jpg


2017-10-08 00:00 
共通テーマ:ファッション

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]