So-net無料ブログ作成
a.jpg

大石泰子 LINE@ Q&A集 [気になるサービス]

IMG_0689.JPG
プロの靴クリエーターが皆さんの質問や悩みに答えます。

革靴に関する悩みや疑問を持っている方は多いと思います。

でもネットで調べてもよくわからないし雑誌を買うのは勿体ないし・・・。

という方は、試しにシュークリエーター大石泰子さんのLINE@に登録してみてください。

登録者一人一人からの質問に丁寧に答えてくれます(登録方法は下記参照)。

ということで今回は、これまでにLINE@で実際にやりとりされたQ&Aの一部をご紹介します。

是非参考にしてみてください。


Q.直したい靴があるのですが、修理はやっていますか?
A.自分で製作したものだけ修理の受付もしています。


Q.踵回りが靴擦れしやすいのですが、
こういった足に対する処置としてどのような対応をして頂けるのでしょうか?
A.靴擦れは名前の通り、靴の中で踵回りや前方がズレる事により起こります。
原因は、靴の中で足が真っすぐに収まっていない状況にあることがほとんどです。
例えば甲が高いために大きなサイズの靴を履いていると、
センターより外側、つまり対角線上に履くことで自分の足を合わせている状態になります。
こうした場合の対処方法としては、
土踏まずのアーチ部分を持ち上げて固定する範囲を広げる加工や、
踵周りに丸みをつけて「おわん型」にすることで安定感を出す、などがあります。
ちなみに原因が踵の形状に依存することもあります。
日本人の踵は、横から見た際に多少のくびれがあるのが特徴です。
(海外の方は、ストレートでくびれがない場合がほとんどです)
そのため「追い込み」といわれる角度を木型上につけるわけですが、
この角度合わせや、場合によってはアッパーの縫い合わせで擦れる事もあります。


Q.革靴の失敗しない選び方を知りたいです。
A.親指と小指の外周が合っているか、踵に隙間がないか、などはよくお聞きになると思います。
しかし靴は部分で履くものではなく足全体で履くものです。
足の「なり」と言われているつま先から甲にかけての反り上がり具合などは、
履いてみて体感するものだと思います。
まずは色々なメーカーの靴を試着することをオススメします。
その際に整理しておくべき点は、
・どの位の頻度で履く予定で
・どんな用途で使うのか
・最優先する点は何か?(頑丈であること、雨の日でも気にせず履けるもの  等)
これらを事前に決めてから試着されることをオススメします。


Q.靴と靴の中の手入れ方法が知りたいです。
(自分がいつも履いているのは黒の普通の革靴です)
A.一般的なスムースレザーであれば大きな誇りを除去後、
水性クリーナーを布地につけ(目安は二本指が透ける程度の量)、靴全体を2、3度拭いてください。
その後に靴クリーム(瓶に入った乳化性クリームがオススメです)を、
ブラシまたは布地にとり(片足の目安は小指の爪半分程度です)靴全体に塗って伸ばしていきます。
(ブラシをお持ちでなければご購入頂いた方が良いと思います)
特に色抜けが目立つところには少しクリームの量を足して塗り込んでください。
最後に乾拭きして仕上げます。
お時間がないときは、ブラシについたクリームのロウ分だけでも艶が出るので、
外出前にささっとブラッシングするだけでも十分ですよ。

また、ライニングや靴の中の手入れですが
使っている資材にもよりますが「湿気を溜めないこと」、
「通気をよくすること」が大切だと思います。
ですので乾燥剤を入れる、靴棚に直置きしないなどの対処が良いと思います。
「すのこ」などで高さをつけておくと革底の場合は良いですね。


Q.しばらく履いていなかった靴がカビていました。落とせるのでしょうか?
A.カビはいくつか種類があり、落とせるものもありますが落ちないものもあります。
白、緑、黒とざっくり大別すると
黒は靴を洗っても落とせません。
白と緑はライトなカビなので落とせる確率は高いものの、
革内部まで浸透しているなど根強い場合は一旦落としてもまた上がってきます。
クリーナーで拭いたあとに陰干しして風通しをしてください。
それでもカビが復活してきた場合は、
何度か上の工程を繰り返してみて様子をみてください。
簡単な手入れでダメな場合は、クリーニングに出す必要があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお大石さんによると“夏の迷(!?)イベント”として

「登録者限定100名様の質問にお答えします」を実施予定だと。

8月27日(日曜日) 20時より受付を開始するそうなので、

革靴に関する質問や悩みをお持ちの方、是非この機会にぶつけてみてください。

【追記】
先日こちらの記事でご紹介した、
漆塗エイ型押しコードヴァンブーツの漆再塗布が仕上がったということでご紹介。
凸がエグれていた部分にも擬似凸を作り、
履き心地が変わってしまわないよう履き皺を伸ばさずに漆を塗布。
皺を残しながらも漆特有の底光りするような艶が復活しました。
IMG_0688.JPG

IMG_0687.JPG

【LINE@概要】
URL https://line.me/R/ti/p/%40hoh9129p
ID @hoh9129p
IMG_0733.JPG

※上記IDを入力するかQRコードをQRコードリーダーでスキャンしてください。
「LINE@は無料で登録いただけます。
また、1対1でのやり取りができるのでお気軽にご質問にお答えします。
(他のユーザから会話を見られることはありません)
そのほか、アンケートをお願いして開発や仕入れに役立てていますので、お客様の声がそのまま商品になることもあります。
動画や音声の配信、靴の情報やそれ以外も流しておりますので、興味のある方は是非ご登録をお願いします」

【ブツ欲NEWS&TOPICS】
・「ポスト・オールデン」の最右翼。F.LLI Giacomettiの秋冬新作が続々入荷(リファーレ)
・【8月キャンペーン】対象ブランド&シューズ・バッグの査定額を15%UP!!(ADDICT)
・M愛用。『OMEGA』シーマスター120 ダイバーズウォッチ発売中(ANTIQUE Janaab')

2-e1459475342551.jpg


2017-08-27 00:00 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]